2014年06月10日

黙っていられなくなってきた・・

勝てない・・
勝てる気がしない・・

たしかにベテランの選手が大量に移籍したための戦力ダウンはある。
しかし、現状はそんな生易しい状態ではないと思う。
試合後談話では、毎回監督は少しずつ良くなってきていると言ってはいるが・・
みたかんじ、悪くなっている・・

とくにひどいのがDF陣。
甲斐選手が必死に身体を張って守ってくれているが、他の3名は話にならない・・

野口選手は前に出る事ばかり考えているようだ、確かにあのスピードは魅力だが、
彼女の攻撃を生かす状況ではない。
なにしろ守備がへたすぎる。 対面で取られる、すぐに抜かれる、
前に出たまま守備に戻っていない、トラップミスが多い、パスの精度が悪い。
攻撃にしても自分が進んでいるうちはいいが、周りが見えていないので、
出しどころが悪いし、精度が悪い。
なぜ、スタメンで使い続けるのか分からない。

三宅選手はどうしたんだ・・
何か元気が無く、存在感が薄い。
去年のあのバイタリティあふれていて、自信に満ちたプレーはどこに行ったのだろう。

二人の新人がいまひとつ(いやいま10位か)なので磯金選手も思うように
プレーが出来ていない、
当然、DFのつけは中盤選手にきて、せっかくのテクニック・経験を持ち合わせた
トライアングルの3名が守備に降りざるを得ない状態になっている。
中島選手のスピードある攻撃参加も、南山選手のトリッキーな動きも、
沢選手の的確なサポートもすべて自陣の守備に使われてしまっている。

攻撃なんて出来る状態は無い。
無理やりの長い縦パスを高瀬選手が必死にキープしてむりやり打ち込む。
ゴールできたところで、相手を崩しての攻撃には似ても似てつかない。
前の3人はそこそこ上手いとおもう。増矢選手は身体の使い方に特徴があり、
相手の選手は戸惑っているようだし、京川選手はさすがにテクニック・スピード
ともに十分通用するだろう。
高瀬選手は本当に頑張っていると思うし、かわいそうだ。
前の3人に(決定力不足と言う問題はあるが)連携と、中盤からの応援があれば
こんな負け方はしないはずだ。

何故、スタメンから新人を使い続けるのか・・
管理者は自分以前の管理者の下のメンバーをあまり重宝したくないという心理がある。
もちろん、練習とかでそれなりの成果を新人が見せているのだろうが。
普通に考えれば、所詮高校サッカーしか知らないメンバー達だ。
いくら常盤木は福島がチャレンジリーグで経験してきても、チャレンジリーグと
なでしこリーグの力量の差は歴然としている。

去年は入った藤枝3人娘は少なくとも1年間、あのソヨン・川澄・近賀・ベブ・ベッキーと
マッチアップして超上級レベルのサッカーを体験してきているはずだ。
何故、試そうとしないのか・・
posted by しゃんくしょ♪ at 04:15| Comment(0) | INAC