2014年10月30日

カナダ戦 2戦目

やはり、初戦のメンバーとは力の差が出ている。
パスの精度、攻撃の多彩さ、コンビネーションと一枚下がってしまう。
だが、前回までのなでしこよりは格段に上の気がする。
さてさて、本番に向けてメンバーの入れ替えはあるのだろうか・・・
本番は23人体制なのでおそらくキーパー(海堀)が入ってくるだろう。
あとは、やはり本番に強い澤か・・
入る可能性があるメンバーは中島、吉良、木龍・・・
新人で佐々木監督がこだわっていた増矢あたりに経験をつませるか??
逆に当確上にいそうなのは、明日菜、高瀬、上尾野辺か・・
澤が戻ると、ボランチの明日菜があまるし、昨日のDFをみていると、
上尾野辺もあまるかも・・
FWはできるメンバーが多いので昨日のパフォーマンスでは高瀬が外れるかも・・

あとは、ケガと来期W杯開催をどこのチームで向かえるかも大きいかもしれない。

明日菜はINACに復帰するとのこと、近賀、大野が戻って、W杯開催年ということで、
国内でゆっくり調整ということで川澄も戻ったら・・
気の毒だが、INACの若手は全滅だろう。
posted by しゃんくしょ♪ at 05:54| Comment(0) | 日記

2014年10月26日

VS カナダ

海外組が合流してチームが変わったようになった・・

残念ながら、当地区では朝日系列の民法が放送していないので、
7:00からのハイライトでしか観戦できなかった(泣)

さすがというか、国内の若手メンバーではとても太刀打ちできないと感じた。
連携不足とはいえ、守備でも簡単にシュートを打たせないし、
安直にバックに戻したり、クリアで逃げたりしない。
中間は確実に高めでボールを奪いに行き、全員でラインを高く持つ。
FWも積極的に守備に関わるし、DFも果敢に駆け上がりシュートまで意識している。
W杯・オリンピックのなでしこが戻ってきたようだ。

今まで、期待され選出してきたメンバーには申し訳ないが、役者が10枚くらい上だ・・

世代交代は全然駄目なようだなぁ・・
というか、W杯・オリンピックのサブのメンバーでさえ、レギュラーに食い込めるのは、
居ないのではないだろうか・・
あっ、川澄だけがサブからレギュラーに上がっている。
あと、ケガで出られなかった宇津木が順レギュラークラスだろうか・・

次の試合で、残りの若手(というかサブ)が試される・・
アッスー、ブッチー、キャミ頑張れ!!


PS 来期は大野、近賀をINACに戻すと文会長が言っている・・
真偽はいかに・・
そして、川澄の動向はいかに??
posted by しゃんくしょ♪ at 10:09| Comment(0) | なでしこ

2014年10月25日

キックの精度

いやいや・・
素晴らしいニュースが流れてきた。

バロンドールに2選手2監督が候補に選出された。

高倉監督は当然ながらU17のW杯を優勝したので妥当だし、
佐々木監督は長年にわたりなでしこを上位チームとして率いているので間違えない。

選手といえば今までは海外で活躍する大義見選手や熊谷選手が候補に挙がっていたが、
今回は珍しく国内組みの宮間選手、まぁなでしこの主将として国際試合でも活躍
しているのだから、当たり前だが、選出の幅が日本国内にも目が届き始めたということか・・

川澄選手はシアトルでの活躍も随分評価が高かったと思う。
彼女の良いところは、自分が何をやるべきか、出きるかを認識してぶれないこと。
シアトルでは当然、ゴールもアシストも十分すぎる位に成績を残しているが、
一番はゲームのチャンスを作り上げているということ。
ゴールはリトル選手がいるので、そこまでの道筋をつけることが重要と感じ実践していた。

さて・・キックの精度といえば宮間選手を思う人がおおいと思う。

彼女のキックは素晴らしいが、彼女のキックの精度の高いのは止まっている
ボールを蹴る場合だ、フリーキックとかコーナーキックとか。

川澄選手の素晴らしいところは、動いているときのキックの精度だ。
思い出して欲しい・・
右サイドを駆け上がり、ラインギリギリで体勢を崩しながらあげるクロスを・・
ドリブルで駆け上がりながら、相手デフェンスをかわしながら、右に左に前に
絶妙なパスを・・
どんなに体勢が崩れていても、パスする相手の状況に合わせ、どんな状態でも、
的確な場所に的確なスピードで供給してる。

なでしこの試合でチャンスは川澄からというのはこのキックの精度と、順応性の高い
状況判断と今、自分のやるべき事の判断力である。

30歳寸前にして、まだまだ進化が続いているというか、進化が加速しているようだ。

バロンドール、選手・監督ともになでしこで勝ち取りたいものだ。
posted by しゃんくしょ♪ at 06:53| Comment(0) | なでしこ