2014年06月24日

vsベガルタ

強いINACが戻ってくる予感・・
やはり、ディフェンスに鍵があった。。
まだ、来日して数日のポーキン選手、言葉の壁もあるし、意思の疎通もむり。
コミニケーション不足で連携部分はおそまつだ。
だけど、全然チームが変わったような印象を受けた。
センターバックの2人が個の力と経験豊富な選手。
中盤は安心して中盤の仕事が出来るようだ。
中盤の選手が前に動き始めることによって、フォワードと中盤に間が開かなくなる。
また、サイドバックが思いっきり飛び出せるようになった。
今までのように苦し紛れの縦パスに頼らなくてもポゼッションしながらディフェンスを上げ、
前目での勝負が出来るようだ。
前半は惜しくも。京川・南山のシュートはバーに嫌われたが、連携からの攻撃は素晴らしかった。
しいていえば、以前からの問題点の高瀬・京川の決定力不足、シュートの精度の問題が残る。
川澄・ベブなら間違えなく入れただろうというシュートが今年はことごとくはずれる。
しかし、中盤がしっかりサポートできるようになれば、おのずから、落ち着いたプレーで
精度も上がってくるだろう。
久々の田中陽子は(あまり好きな選手ではないのだが)やはり、攻撃の起点になり、
いい動きが出来る選手だと思った。増矢のトリッキーな動きと波長があえば面白い攻撃に
なるようだ。とちゅうから中島に交代したが、さすが中島・・やはり田中とは格が違う。
スピード、足元、周囲を見る能力、これからのInacの中心人物だと思う。
ちょっと、三宅の元気がない、もう少し彼女らしいバイタリティがみたいな。
三宅サイドよりポーキンのサイドを見てみたい。
途中、野口とチェンジ。
こういう展開で、中盤がしっかりしてくるとはじめて野口のスピードが活きるよな。
あいかわらず、周囲が見えてないのが困ったもんだが・・

守り中心なら、DFに磯金・三宅、攻撃中心なら渡辺・野口、組み合わせを相手によって
変化しながら残りの試合を戦ってほしい。

ひとつになることは・・・
去年までと違い、相手チームがinacに恐怖を感じていないので、
ゆったりして力を出してくる。

posted by しゃんくしょ♪ at 06:30| Comment(0) | INAC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: