2014年11月04日

VS BELL

いやいや、やっとINACが戻って来た感じだ。
勝利さえ出来なかったが完璧にINACペースでのゲーム、それも個々の技術と
連携がつながってきたようだ。

南山・甲斐のSBコンビ、ベテランがやるとこんなに安定するのかと思った。
打たせない、身体をはって邪魔する、でチャンスと見ればTOPまで駆け上がる。
素晴らしかった。
磯金も身体を入れて守ったり、だんだん様になってきたようだ。
なんといっても中盤の凄さ。
澤の動きはハンパではなかった、ゴールを決めたことより、中盤でのスピードと
的確な判断はさすがだった、また中島も彼女らしいアグレッシブな動きが戻った。
一番感じたのは、京川!! 前々から私は川澄の後継者は京川だと感じていたが、
昨日のゲームでは京川のよさが十分に発揮されている。
守備でも攻撃でも迷いがなく思い切って出来ていたように見えた。
川澄は例のごとく次々とチャンスメークをしていたが、福本と一対一になったときの
ゴールを外したのは迫力があった。
おそらく福本はあえてニアによってファーに大きなスペースをあけてそちらにシュートを
呼び込むつもりのポジションだったが、それを逆に読みきってニアのわずかなスペースを
狙ったのは外したとはいえ素晴らしい判断力だった。
一瞬の駆け引きで双方がこれだけの事をやっているのを感じられたのは、
さすがなでしこレギュラーの対決、素晴らしい物を見れたようだ。
道上も久々だというのに積極的に攻撃が目立ったし、手をあげてボールを要求したり、
声を出しているのが以前との違いが出てきたようだ。
相変わらず決定力が物足りない、高瀬・・うかうかしてると抜かれるぞ・・

京川・道上が本格化して、チェルシーがチームになじむと、明日菜も帰ってくるので、
去年・今年の新人はちょっと出番が無くなるかもしれない。
特に積極的に使われていた、野口と伊藤は厳しいかもしれない。。

posted by しゃんくしょ♪ at 05:40| Comment(0) | INAC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: