2016年07月05日

NAHOコールの中で・・

さすがといえば、さすがの活躍。
2ゴール以外にも、チャンスメイクには随分絡んでいた。
14年の移籍のときは最初の2試合位は勝手がわからないようで、
結構苦労していたし、観客からもブーイングを受けていたと記憶している。
今回は最初から、ウェルカムコールでいきいきとプレーしていた。
よほど、今までストレスがたまっていたのだろうか?
完全に退路を断って、本気モードでトライをしに来ているのがありありと感じる。

星川前INAC監督がプログで書いていたが、INACにとっては澤が抜けるより、
川澄が抜けたほうが大問題だと思う。
川澄はINACの数少ないプロパー選手で、INACがプロチームである以上、
興行的にチームを維持するためには川澄の人気は必須だったはず・・
今は、鮫島が人気を背負っているけど、鮫が来る前は、グッズの売り上げなどは、
8割以上が川澄だという、話を聞いたことがある。
ここのところ、川澄・鮫島以外にもイトキンやあゆの人気も上がっているようだが・・

さて、シアトルはここから挽回が可能だろうか?
代表に行っているソロ、ラピーノがいない間に建て直しをするだろう、
調子が今ひとつ上がらなかったキムも川澄とアシスト&ゴール合戦で
本来のストライカーとしての力も発揮すると思うし、
ベブとのやり取りも刺激になると思う。
そして、元なでしこの川澄が現なでしこの宇津木に勝負を仕掛けるだろう、
彼女の負けず嫌いとプライドをかけて。。

目がはなせないNWSL!
posted by しゃんくしょ♪ at 07:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: