2014年10月14日

何故負ける・・・

INACらしさが出ていた試合だった。
パスも通り、右からの攻撃有、
なんといっても選手の気迫が違った。
澤選手が思いっきり攻撃に参加し、相手の攻撃の目をつぶす。
甲斐選手は攻撃と守備の切り替えが素晴らしかった。
相手のゴール間近まで攻め入ったり、とするといつの間にか
ゴール前で守備をしている、さすがの判断力には脱帽した。
近賀選手、ベッキー選手が抜けてサイドバックが穴だと思っていたのだが、
とんでもない隠し玉がいた。。
ベッキーは攻守に素晴らしい運動量で強さを見せてくれた、相手とかかわっても
絶対取らせない、絶対奪うという気迫が伝わってきた。
たなようは久々のゲームだというのだが、強引にボールに食いついていって
ゴール意識は相変わらず素晴らしい物がある。
ケガさえなければもうここまですこし楽な戦いが出来たはずだが・・
高瀬はナホを完全に信じて、安心して飛び出している。
やはり、サポートがしっかりしていると彼女の力は十分に生かせるようだ、
単独での力が足りないのが今後のなでしことしての課題だろう。
南山選手は相変わらず、神出鬼没で相手に動きを読ませない頭脳プレーが光る。
磯金・三宅コンビも最初は心配だったが、結構頑張っていた。
何故、今までこういった頑張りプレーが出来なかったのか悔しい。
今回のゲームは右だけではなく左からも攻撃が出来た。
シンの攻撃的かつスピードのある上がりと、シュートにまで行く強さと、
器用なたなようがうまく機能している。
これで左右の攻撃パターンが出来たようだ。
ナホは相変わらず、攻撃に守備に素晴らしい動きがある。
ときどきこけるけど・・
交代した仲田は今期一番ののびしろを感じる。
最悪のピッチであろうが、あの水溜りに慣れていないだろうが、
トラック、いやトラクターのように突っ走る。

これだけ選手の状況が上がってきたのに負ける・・
ピッチのせいもあるが・・
やはり、戦術に問題があるとしか思えない・・
posted by しゃんくしょ♪ at 10:36| Comment(0) | INAC

2014年09月08日

やっと帰ってきた・・

勝てないなぁ・・
だけど、川澄選手はさすが、一味も二味も違うのを見せてくれた。
ジェフは案の定、徹底した川澄マーク。3人4人とひつようにマークする。
そのマークを引き連れ、ボールを確保しつつ長い距離をドリブルしつつ、味方のポジションを
チェックしつつ、的確なパス!
仕掛け方が今までのINACとは全然違う感じだ。
現状、日本の女子で一番のプレィヤーではないだろうか♪
マークが川澄にいくぶん、高瀬が自由に動ける、増矢のトリッキーの動きも活きてくる・・
だが・・負ける・・
澤も素晴らしいポジショニングで相手の攻撃の目をつんでいるし、南山も牛若丸のように
変幻自在に走り回る。
だが・・負ける・・

守備がおそまつ過ぎる。
三宅は良い動きがあるのだけど、ムラがありすぎるし、
磯金は何故かミスが多い、野口は守備は上手くなってきているようだが、
戻りが遅すぎるので、結局、川澄が守備までカバーする羽目になってします。
中盤でボールをとられるのですぐに攻撃されてしまう。
また。ジェフのスピードが速い!

本来、もう少し守備がしっかりしていれば、中島が攻撃参加や、中盤でのボール維持が
出来るのだが、守りに負われてしまっている。

これで、勝てるのかなぁ・・
3節にはベブが戻ってくるけど、守備陣をどうにかしないと勝てない。
唯一、仲田が元気なのが救いかなぁ・・

復活待ちの道上も田中も攻撃陣だし・・

守備の補強をしたほうが良いかも・・
posted by しゃんくしょ♪ at 07:21| Comment(0) | INAC

2014年07月07日

いやぁ〜残念

惜しかった!
前々節までの動きと試合運びが完全に変わった。
負けたのは残念だが、手ごたえ十二分という感じである。

敗因は2つ。
宮間のセットプレーの質に守りが付いていけなかったのがひとつ。
ただ、おそらくこれだけのフリーキックを打てるのはなでしこリーグでは
宮間と上尾野辺くらいだろう。
デフェンス陣の不慣れを考えればまだまだ上積みがあるので大丈夫だろう。
あとは、毎回思うが、シュートの精度・・
京川も。高瀬も枠をはずしすぎる。さらに崩しきってのシュートが少ないので
得点に結びつきづらい・・
ベブだったら・・川澄だったらと思ってしまう・・
ただ、シュートの際に何人かがゴールに飛び込んできているシーンが目に付く。
これは、去年までの強い戦い方が出来始めたということか。
今回の試合は全て(負けたこと以外)が良かったと思う。

とくに三宅の動きは最高! 近賀が若くなって参加しているようだった、
攻撃・守備ともにこの動きならなでしこジャパンも視野に入ると思う。

相変わらず中島が起点になり田中・増矢といい攻撃が続いている。
交代後も京川・仲田とまたちょっと違った攻撃が効果的になってくるだろう。

田中・増矢のときは田中の細かいテクニックと増矢の素早いトリッキーな動きが
相手を翻弄してみていて楽しくなる。

仲田・京川だと京川のスピード・テクニックがある大きな上下の動きと。
サイドを駆け上がるダンプカーのような仲田の迫力がいい!

昨日の布陣だと全て(キーパー以外)が駆け上がってきてゴールに絡むので、
よく見ていないと誰が誰だかわからなくなる。
シュートの数が物語っているね♪

あとは・・勝ち方をお勉強のようだ・・
posted by しゃんくしょ♪ at 06:36| Comment(0) | INAC